質の高い培養技術

培養室について

培養室は、空気清浄度が手術室と同等のクリーンな環境で、患者さまの大切な配偶子(精子・卵子)、受精卵(胚)をお預かりしています。

培養室の『ポリシー(信念)』

『一つでも多くの妊娠に結び付く良好な受精卵を得る』ために、培養室内の培養環境や機器類を整え、最新の論文や学会で新しい知見を積極的に取り入れ、一人でも多くの方に妊娠していただけるよう努力していきます。

採卵から移植までの流れ

胚培養士は、患者さまの卵巣から、採卵で身体の外に採り出された卵子に受精操作を行い、受精卵(胚)を培養し、患者さまの子宮に戻す胚移植までを担当させていただきます。

  1. 採卵

    医師が卵巣に専用の針を刺し、卵胞液と一緒に卵子を身体の外に採り出します。胚培養士が卵胞液の中から卵子をピックアップして、培養液の中に移します。

  2. 精子処理

    精液を洗浄、濃縮して余分なごみなどを取り除き、運動良好な精子を回収します。

  3. 受精(体外受精・顕微授精・レスキュー顕微授精)
    体外受精(媒精)身体の外に採り出した卵子に精子をふりかけます。精子は自分の力で卵子の透明体という殻を通過して受精するので、より自然に近い方法です。
    顕微授精(ICSI)1個の卵子に針を刺して、1個の精子を入れて授精させる方法です。
    レスキュー顕微授精

    受精障害を回避するため、体外受精から4〜5時間後に卵子の受精の兆候を確認し、精子の進入が確認できない場合に行う追加の顕微授精です。

    顕微授精を行う倒立顕微鏡
    胚培養士の繊細な手の動きがそのまま伝わるように狂いなく調整された顕微鏡を用いています。
    人為活性化処理(カルシウムイオノフォア)
    顕微授精を行っても、まれに受精しない場合があり、受精障害と言われます。このような場合、カルシウムイオノフォアを用いて人為的に活性化処理をして受精を助けます。
  4. 受精卵(胚)の培養(胚盤胞培養)

    培養は、受精卵(胚)を温度やガス濃度が一定に保たれた培養器の中で最大7日間おこないます。

    分割期胚評価 割球数、フラグメントの量、割球の均一性の組み合わせで評価します。割球数は順調に分割が進んでいるかどうかで、フラグメントが少なく、割球の大きさが均一であれば評価がよいとされます。
    胚盤胞評価 内細胞塊(胎児になる細胞)、栄養外胚葉(胎盤になる細胞)の状態で評価します。内細胞塊は細胞が密で塊を形成しており、栄養外胚葉は均一で細胞数が多いものが評価がよいとされます。
    タイムラプスインキュベーターGeri®
    受精卵(胚)を育てる培養器をインキュベーターといいます。女性の体内(卵管)に近い環境になるように、温度37.0℃、二酸化炭素6%、酸素5%で一定に保たれています。
    従来のインキュベーターは、外に取り出して受精卵(胚)の成長を観察しなければならず、外気にさらされることによる光の暴露、温度変化、pH変化など、負担が大きいものでした。
    タイムラプスインキュベーターGeri®は、培養している受精卵(胚)を一定時間ごとにカメラで撮影することで、受精から分割して成長していく様子をモニターで動画のように観察できます。インキュベーターの外に取り出すことが減るため、受精卵(胚)への負担が軽減されます。
  5. 胚凍結

    体外受精や顕微授精で受精し成長した受精卵(胚)を凍結保護剤が入った特殊な培養液に浸して脱水・濃縮した後、特別な容器に移して-196℃の液体窒素中に入れて凍結します。-196℃ではほとんどの化学変化が起こらないため、何十年も状態を変化させないまま保存することができます。また、一回の採卵で採取した複数の受精卵(胚)を無駄にすることなく胚移植に用いることができます。
    しかしながら、受精卵(胚)に物理的に大きな変化を受起こすため、一定の確率(5〜10%程度以下)で凍結融解後に変性してしまうことがあります。

  6. 胚融解

    凍結された受精卵(胚)を、加温された培養液に急速に入れて融解し、徐々に凍結保護剤を薄めて脱水・濃縮された状態から元に戻します。融解後は受精卵(胚)の生存を確認して数時間~数日培養します。
    培養後は、最終的な状態を確認してから子宮内に移植します。

  7. 胚移植(新鮮胚移植・凍結融解胚移植)

    細胞分裂を繰り返し成長した受精卵(胚)を子宮内に戻します。分割期胚(培養2~3日目)あるいは胚盤胞(培養5~7日目)を移植します。
    胚移植には、採卵して得られた受精卵(胚)を培養してそのまま移植する新鮮胚移植と、一旦受精卵(胚)を凍結して、子宮内膜の状態を整えてから融解して移植する凍結融解胚移植があります。

    孵化補助術(レーザー)
    受精卵(胚)の殻である透明帯から脱出(孵化)することを補助する方法です。
    透明帯が厚い、硬いなどが原因で脱出(孵化)を妨げる可能性がある場合に、レーザーを用いて透明帯の一部を薄くしたり開口して脱出(孵化)を助けます。