一般不妊治療

タイミング療法

エコーで卵胞の確認をおこなって排卵日を正確に推定し、夫婦生活(タイミング)がうまくとれるようにアドバイスします。排卵障害がある場合はホルモン検査や排卵誘発剤を併用し、排卵まで誘導します。

人工授精(AIH)

エコーで排卵日の推定をおこない、排卵日に合わせて精子を子宮内に注入します。卵管の先(膨大部)まで元気な精子が到達しやすくなり、受精の確率があがることを期待する方法です。

卵管鏡下卵管形成術(FT)

卵管鏡(0.6mm)の先端の風船(1.2mm)を膨らませながら、風船の圧力で卵管を広げる手術です。閉塞した卵管において卵管通過性の回復は95%~98%に認められるとされています。術後の卵管の再閉塞は3ヶ月で5%程度と報告されています。日帰りで手術が可能です。